子なし夫婦の不動産を相続するのは誰?トラブル対策をご紹介

2024-05-28

子なし夫婦の不動産を相続するのは誰?トラブル対策をご紹介

一般的に、故人の住宅や所有していた不動産は、配偶者の方や子どもが相続します。
ただし、子なし夫婦の場合は、住宅などの不動産を相続する子どもが存在しません。
今回は、子なし夫婦の不動産の相続人は誰になるのか、相続に関するトラブルや対策についてご紹介します。

\お気軽にご相談ください!/

子なし夫婦の不動産を含む財産の相続人

子なし夫婦の片方が亡くなった場合、通常は配偶者と血族相続人が財産を相続します。
血族相続人とは、故人の両親、祖父母、兄弟姉妹など、近親者のことです。
優先的に財産を受け継ぐのは両親であり、両親が亡くなっていれば祖父母に、祖父母も亡くなっていれば兄弟姉妹に優先権が移ります。
ただし、兄弟姉妹が亡くなっている場合、甥や姪も相続人になりますが、甥や姪の子ども、つまり兄弟姉妹にとっての孫は相続人にはなれません。
遺言書がない場合、法定相続分が優先されますが、遺言書がある場合は、法定相続分よりも遺言の内容が優先されるため、配偶者に多くの財産を分配することが可能です。

▼この記事も読まれています
相続土地国庫帰属制度とはどんな制度?メリットとデメリットを解説!

\お気軽にご相談ください!/

子なし夫婦の不動産を含む財産の相続におけるトラブル

子なし夫婦の遺産相続は通常よりも複雑になり、トラブルも起きやすい傾向があります。
残された配偶者と故人の親族が不仲な場合、遺産分割協議が難航し、話し合いが進展しないことがよくあります。
さらに、親族との関係が疎遠な場合、連絡を取ることが困難な場合もあるでしょう。
とくに不動産が遺産に含まれている場合、その価格分の財産をどう分けるかでトラブルが生じやすくなります。
不動産と同等以上の現金などがあれば、分割が比較的容易ですが、多くの場合、不動産がもっとも価値が高く、遺産の分配が困難になります。
また、夫婦がお互いに財産を残された配偶者に相続させるよう遺言書を残していた場合、片方が亡くなった時点で、残された方の遺言書の効力が失われることに注意が必要です。

▼この記事も読まれています
不動産の親族間売買とは?メリット・デメリットと気をつけるポイントを解説

\お気軽にご相談ください!/

子なし夫婦の不動産を含む財産の相続対策

配偶者に財産を相続させるための方法として、生前贈与をおこなうという対策です。
結婚から20年以上が経過した夫婦であれば、居住用財産の贈与において、110万円の基礎控除にくわえて、2,000万円までの贈与税が免除される制度があります。
また、不動産以外の財産については、保険を契約し、生命保険の受取人を配偶者に指定することもできます。
財産の分配を円滑におこなうためには、不動産を売却して現金化することも有効です。
とくに、リースバックを活用すれば、不動産を売却して現金化したうえで、自宅を手元に残すことができます。

▼この記事も読まれています
事故物件は相続を放棄した方がいい?その判断基準と税金について

まとめ

子なし夫婦の場合、財産の相続は配偶者の方や血族相続人に方が対象になります。
ただし、残された方と親族の方が不仲な場合、相続関連のトラブルが起きる可能性が高いです。
遺言書を作成する、生前贈与をおこなうなど、相続に関する対策をしておくと良いでしょう。
さいたま市・越谷市の不動産売却のことなら株式会社永大へ。
不動産買取でお困りでしたら、当社までお気軽にお問い合わせください!


ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

048-838-5555

営業時間
9:00-18:00
定休日
火、水

売却査定

お問い合わせ